食べ物と私

食べます。

ポンコツとフレンチトースト

ちょっと体が重い朝。

大した用事じゃないとわかってはいても、今日がしんどくなってしまってベッドから出られない。

それでも日が昇るのが早くなったからだろうか、目覚ましよりも早く目覚めてしまう。

いつもならあまり感じないはずなのに、お腹も痛くて不愉快だった。

 

生理が来るたび、ぼんやりと自分の体に機能が備わっているんだなと思う。

子どもを産める機能。男にはない機能だ。

 

これを使うか使わないかは人によって異なるし、別にどちらがいいとか、そう言う基準はないのだと思う。

でも、使わなかった未来のことを考えて、何だかちょっと焦る。

 

自分はただでさえポンコツなのに自分の体の機能すら使いこなせないのか。

せっかく備わっているのに、お前はそれを無駄にするのか。

 

しかし、その罪悪感と我が子の行く末は全く別の話で。

私だけの罪悪感のために生まれる子どもは、絶対に居てはならないと思うのだ。

 

もし、子宮とか胸とか、女性の象徴が無くなってしまったらどうだろうと考える。

私はショックなのだろうか。悲しいのだろうか。

今のところは、何だかあんまり想像がつかない。

やはり自分の体に対しての興味が薄い気がする。

 

実際私の体の悩みは十割が体重だったと思い出す。

思い出しながら、卵と牛乳、砂糖を溶いて、パンをつける。

しかし、今となってはそれすら気にすることが無くなってしまった。

 

フライパンに惜しみなくバターを敷いて、パンを焼く。

冬の残り、凍った蜂蜜を熱で溶かせばフレンチトーストの完成だ。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220630064453j:image

 

多めのバターが功を奏したか、外側はカリカリで中はぷるぷると、上手いこと仕上がっている。

 

「痩せてたら頑張ったんだなーと思うくらいかな」

 

昔から体型がコンプレックスだった私にそう言った友達がいた。

その頃の私はどうにかカロリーを抑えなきゃと必死だったが、その言葉でなんだか肩の荷が降りたような。

 

所詮体型なんて誰が見ているわけでもない。

究極を言えば、自分さえ良ければもうそれでいいのだ。

そして私は別に細い体をそこまで強く望んでいるわけじゃないし、むしろそうすることで溜まってしまうストレスを懸念していた。

 

そんなこんなで体型を気にしなくなって、体重だって計らなくなってしまった。

どこかの誰かには怒られてしまうかもしれないけど、私が良ければそれでいいのだ。

 

蜂蜜たっぷり、バターたっぷりのフレンチトーストを口いっぱいに頬張る。

自分の器のことはよく分からないけれど、とりあえず今摂取した甘さは心を豊かにするので、私はその蜜だけを吸っていよう。

 

体の鈍さとレッドブル

どんどん嫌な日が近づいてきていてかなり憂鬱だ。

起きた時の姿勢のまま、スマホをいじる。

今日は書く日だと決めていた。推しを愛でるのだ。

 

朝食代わりにレッドブルを飲んだらそれなりに元気は出たようで、ちゃんと頭が働く。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220630064032j:image

 

こんなものを朝ごはんにしておきながらこのブログを書くのは大丈夫なのか、と自問自答してみる。もはや詐欺に等しいのではないのか。

 

でも、何もない日。何もしたくないのだ。

 

昨日、今日とスマホで書き連ねている文字を増やしていく。

一応何かを書く時は目標を決めて臨んでいるのだが、今回は二万以内におさめること、そして会話文を増やすこと。

なかなか正解が分からないから適当に頑張ってみているものの、頑張る方向を大いに間違えているような気もする。

 

先日、キャラクターを作るための本を買った。

それでも最底辺の話という前提で聞いてほしいが、私はストーリー展開と心情の掘り下げは得意なのだと思う。

しかし、自らキャラクターをつくりだそうとすると、途端に薄っぺらいものになってしまう。どこかで見たことのある誰かになる。

 

自分の話を作るためには、キャラクターをまず作り込まなければならない。

もちろん得意な所も伸ばしていかなければいけないが、とりあえず全てのレベルを人並みに持って行くことも重要だ。

 

表現力、ラストシーンの書き方、話の盛り上げ方。

もちろん直さなければならない部分は他にもたくさんある。

 

けれど私はまだその本すら読み始められていない。

楽しいことだけ頑張っているのだ。

 

ベッドに寝ているが、腰とお腹が痛くて、トイレに行ったり気候のせいにしたりする。

クーラーの下にずっといたから冷えたのかな?なんて。

悠長に構えていれば生理がきた。思い返してみれば最近の変な眠気もこのせいだったのだろう。

 

これは今に始まったことではないが、どうやら私は自分の身体感覚に鈍いらしい。

生理が来てはじめて生理痛だと分かるし、なぜかずっと学べない。

 

生理痛が来るならレッドブルはまずかったかな、と遅すぎる後悔をしながら腰を温めている。なんだか惨めだった。

 

やりたいこと、やらなきゃいけないこと、やるべきこと。

体の感覚と違って、その差は分かっているはずなのに、私は何も着手できない。

多分、まだ打ち砕かれる怖さが多少残っている。怖がっているのだと思う。

 

どうせ何も出来ないし、分からないことだってたくさんあるのだ。

その中で数少ないきちんと理解できていることは、せめてちゃんとやっておきたいと思うのだけれど。

 

小説を書きあげる。またラストが駆け足になってしまった。

明日からは、本を読みたい。頑張りたい。

寝不足寝れないサンドイッチ

なんだかうまく眠れなかった。

朝、起きると午前5時。

休みの日だというのになぜこんなに早起きしなければならないのか。

 

瞼がなんとなく重いし、明確にまだ眠い。

昨日寝たのは1時を回っていたような気がするから、多分だけど4時間睡眠。

まだ眠れるのに、体は眠ってくれない。

 

仕方なくスマホをいじる。

ようやく着手し始めた、書きかけのものを進めた。

少し前まではパソコンで作業することが主となっていたのだが、最近はパソコンを立ち上げることが億劫でスマホでないと作業できなくなってしまった。

でも、いい。できないままよりは敷居を下げる方が何倍も豊かだ。

 

そんな私に対しての私の策略は成功したようで、昨日の夜もこれを書いていて夜更かししてしまったように思う。

正念場を控えたからこそ、現実逃避が大切になっていた。

 

そのままスマホを見つめること数時間。

早く起きらからだろうか、7時にはお腹が空いてしまった。

 

何を食べようか、とちょっと重い体を起こす。

例のごとく食べようと思った時にはもう限界までお腹が空いていたが、時間はある。

ちょっとだけいつもとは違うものを作りたい。

 

買って来たままだったレタスを千切り、ハムとチーズを用意する。

このままだったらいつも通りだが、卵を三つ、茹でる。

二つは少し早めに上げて、一つは固めに茹でる。前者は冷蔵庫へ。いつかの私のためのものだ。

 

固めに茹でた卵にはマヨネーズ、塩コショウ、レモンをかけて混ぜる。卵サラダの完成だ。

全部の具材をパンにはさめば完成。休日のサンドイッチ。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220630064017j:image

 

大きく一口頬張れば、シャキシャキのレタスとまろやかな卵がお腹を満たしていく。

卵が入るだけでちょっと豪華になるのは嬉しい。

 

私は寝不足になると頭が痛くなって、食欲がなくなる。

それがないということは、多分まだそこまで深刻な寝不足ではないのだろう。

 

この前、気づいたら机の上にレッドブルとブラックコーヒーが並んでいて、同期に心配された。

その時は確かに、と思ってカフェインの取りすぎは駄目だな、なんて思ったのに、あとから考えてそんなに危機感を覚えることではないか、と思い直してしまった。

 

確かにちょっと胃が重い気もするけど、体が壊れたところで、という話だ。

中途半端に壊れるのは困るけど、完全に壊れてしまえば休むことは正当化されるだろう。

こういう考え方から多分間違っているんだろうけど、仕方ない。

それに大体、私は体だけは無駄に、本当に悲しくなるくらい丈夫だから。

 

サンドイッチのお供にアイスコーヒーを飲み、ちょっと苦笑いしてみる。

私はまだ休むことに負い目を感じているのだろうか。

惰眠とシチュー

惰眠をむさぼっている。

朝起きて、少ししてからまた眠くなって目を瞑る。

深い眠りについた感じはしない。なんだかずっとうとうとしている感じだ。

 

最近は夜もこんなことが多い。大体1、2回目が覚めてしまう。

煩わしいと思う。ずっと眠っているのに、早く眠りたい感じ。

 

比例して夢も良くない感じがする。

今日は熊に襲われる夢だった。つながりは分からないが誘拐された記憶もある。もしかしたら違う眠りの夢だったのかもしれないが。

現実で110番はしたことないけれど、夢の中で体験したことなら結構あるのだ。

今日も警察に電話して助けてもらった。

 

午後6時、ようやくベッドから抜け出してキッチンに立つ。

ちょっとでも何かしないと、沈んでしまうような気がした。

あと冷蔵庫の人参も死にそうだったから。

 

一人の部屋はかなり静かで、そういえば今日は言葉を発していないような気もする。

蒸し暑いキッチンで包丁とまな板を取り出し、人参と同じく死にかけの玉ねぎ、じゃがいもを切る。

 

ちょっと贅沢、角切りの鶏モモ肉と玉ねぎを土鍋で炒めて、水とそのほかの物を投入。

火が通るまでの間にお風呂に入って、人参がいい感じの固さになったら牛乳とシチューの素を入れる。

 

こんなに暑い季節に、と私も思うが、シチューの素を買ったまま放置していたのだ。

冬に持ち越してもいいけれど、温かいものは心にも身体にもいいから作ることにした。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220629200334j:image

 

お椀によそって、木製のスプーンで一口。

めちゃくちゃに熱くてびっくりしてしまう。じゃがいもを噛んだら大惨事だった。

しかし、じゃがいもはホクホクだし、人参は甘い。モモ肉はやっぱりジューシーで美味しい。

 

本当に静かな日だと思う。

寝て起きて、ご飯をつくって、食べて。

短く完結しているような、ふわふわした日だ。

ちょっと寂しくなったりもするが、こういう日は嫌いじゃない。

 

思えばここ数日は忙しかった、というより気を張っていたんだと思う。

一昨日あたりから集中力が切れてしまい、何のやる気も起きないでいる。

今は急ぎの用事もないし、それでいいとは思うけど、あまりこういう日が続くのも多分精神衛生上悪い。

考えすぎてしまうから。

 

疲れない程度、程よく何かの作業が出来ていれば多分一番いいのだと思う。

考えすぎず、落ち込み過ぎず、疲れすぎないで。

 

そんな作業に成り得る「書くこと」は私にとって良いのだが、その気力すら今は奪われてしまっている。

でも、こういう時は焦らないことが一番だということも私は知っている。

 

お腹がいっぱいになって、また眠くなってしまう。

今は抗わず、好きなように。

出来ない自分とチョコレート

落ち込んでいた同期と話した。

自分の出来なさと、なりたい自分について。

 

小さい頃から出来ないことが多い。

足は遅かったし、協調性もないと言われた。

何をするにもトロくて、一度集中すると周りが見えなくなっちゃって。

 

ポンコツだから頑張らなければと思う。

何も出来ないけど、出来なきゃ誰も許容してはくれないから。

 

ちょっと辛くなってしまう。

欠陥品が頑張ったって、所詮欠陥品でしかないとも思うから。

 

帰りのバス。バス停を間違えて一本のバスを逃した。

この前はカードのチャージ不足で止められてしまい、迷惑をかけてしまった。

こういうところだよな、と思いつつ、待ち時間に近くにあったミニストップに入る。

 

家の近くにはないコンビニ。

特別感があるから、そこで元気になれるようにチョコレートパフェと書かれた商品を手に取る。

気分が落ち込んでいる時は甘いものを食べるといい。それと、温かいものを。

 

家に着いて動かない体を動かす。

ちょっと多忙だったからか、何だか酷く疲れていた。

チョコレートパフェ。スプーンを手に取る。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220626122317j:image

 

ケーキ生地と甘すぎない生クリーム。

苦めのチョコが食べやすくて美味しい。

 

宝石の国』を読んだ。一気に。

とても寂しいお話だと思った。

 

このお話の主人公もポンコツだった。やっぱり社会的には愛されなくて。

でも、ただ一人だけには愛された。

 

なんだか羨ましくなってしまった。

頭を撫でられるのは、抱きしめてもらえるのは、とても心地よさそうだった。

 

最終的に全部読んで愛が分からなくなってしまったけど、だからこそぬるま湯の温度が際立って。

でも、そのぬるま湯にすら、私は浸かることができない。

 

人に優しく、とはよく言ったものだが、本当の優しさは何か、時々我に返って分からなくなる。

 

ポーズならいくらでも出来るのだ。

その裏にある思考がどれだけ利己的でも、優しく見せることはいくらでも出来る。

でもそれは当然、優しさではない。

 

本来優しさはもっと、泣きそうなほど尊いものなのだと思う。

まだ、触れたことがないけれど。

だってこう思ってしまう時点で、私は優しくないのだから。

 

競ってばかりで、焦ってばかりで、何にも優しくなれないと思う。

余裕もなければ心も狭い。ポンコツに輪をかけてダメ人間の称号だ。

 

チョコレートパフェは無くなってしまう。

残った器を名残惜しくスプーンでつついた。

いつか何かの間違いで、私が救われたのならば。

ちょっと悔しい、ご褒美ごはん

ちょっとした正念場を超えた。

もう何度目かの発表だが、そろそろ気が抜けてくるる頃だと思っていたので、少しやらかさないか心配だった。

 

しかし、どうにも結果は上々。

貶されるどころか珍しく褒められた。

 

やっぱり褒められることは嬉しいと思う。それに、自分は定められたことをこなすことだけは上手いなと。

だから小さい頃は成績が良かったし、レポートなんかも得意だ。

もちろん、数が重なればパンクしてしまうからこの特技も儚い物なのだが。

長く時間を掛ければ誰でも出来るというのは母の言葉である。

 

まあ、とにかく今日は褒められた。

 

もうほとんど痛みの引いた足、それでも再発を恐れて一応バスで帰ってみる。

駅に着いて、さて。とひと悩み。

誰でも出来ることとはいえ今日は頑張ったのだし、何かしらのご褒美があっても良いのかもしれない。

 

レモンチューハイ180円と書かれている中華料理屋さんを覗いてみる。

看板にはおひとり様でも歓迎との文字。見かけによらず店内も綺麗そうだった。

しかし、本日のおすすめメニューに書かれた値段を見て踵を返す。

ここはもうちょっと金がある時に来てみよう。

 

結局、その2、3軒隣にあった『やよい軒』に足を運ぶ。

食券を買いながら定食しかないことに嬉しいような、困ったような気持ちになる。

なぜなら私はビールが飲みたかったから。

 

生ビールは450円と少し高めだったが、背に腹は変えられない。

代わりに安い唐揚げ定食を頼み、少し待つ。

隣に座ったお姉さんも、ひとりでビールを飲んでいた。

 

そして届いたお盆いっぱいのご飯と生ビール。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220624084451j:image

 

とりあえずビールに口をつける。

頑張った後、特にこう暑い日のビールはどうしてこんなに美味しいのだろう。

 

ご飯のお供は全部ツマミにもなるというのが私の持論だ。

カリッカリでジューシーな唐揚げを食べ、まずは白米を食べる。二口目の唐揚げはビールと一緒に。

何というか、両手に花状態である。

一人暮らしではあまり食べない冷奴もお漬物も美味しい。

 

途中で流石にお腹がいっぱいになってきてしまったが、結局最後残しておいたお味噌汁を飲み干して、私のお腹は落ち着いた。

 

ケータイをいじりつつ、ちょっとだけ休憩していく。

お腹いっぱいに食べることだって、結構エネルギーを使うのだ。

 

しかし、ごはんもお漬物も美味しかった。

これがお代わり無料だというのだから嬉しいはずなのだが、実際のところはお代わりできた試しがない。

やよい軒に来る度、自分のお腹の容量が悔しくなる。

 

隣のお姉さんがご飯をお代わりしに行くのを、少し悔しく眺めていた。

生きしぶりサンドイッチ

行きたくない朝。

ここ最近は予定が詰まっていてかなり億劫だが、今日は特に正念場なのだ。しかも正念場その一。そのニも近々開催される。

 

つけっぱなしのクーラーの下、ゴロゴロとベッドの上で時間を持て余す。

今日は某魔法学校の夢を見たなーとか、メイクしなきゃなーとか、適当なことばかりを考えた。

 

そういえば昨日再び訪れた病院で、足の装備が手厚くなった。痛みはもうほとんど引いているのに何故だろう。

また三日後に来いと言われたが、行こうかちょっと悩みどころではある。

 

そんなことを考えているうちに時間が過ぎてしまいそうだったので、一応起き上がる。

先にメイクをしようかと思ったが、どうにもやる気も力も出ないので先にコーヒーを飲んで朝ごはんを食べてしまおうと思う。

 

冷蔵庫にしまっていた四角いパンを半分に切る。

こういう頑張らなきゃいけない日は例の如く、前もって朝ごはんと昼ごはんを用意しているのだ。

 

f:id:zenryoku_shohi:20220623082733j:image

 

眠い目を擦りながらかぶりつく。

レタスがいつもより甘くてなんだか美味しい。

健康的な味がした。

 

家を出る前から帰りたいなんて思うのは随分久しぶりだった。

最近は全部自分のペースで出来ていたから、色々と問題はなかったのだが。

 

そういえば昨日同期の女の子と就職の話になった時、あなたは自分のペースでやる仕事の方が向いていそうと言われた。

 

分かる。私もそう思う。

そんな彼女は逆に一人じゃ何もやらないから組織に属したいのだという。ちゃんと生き抜こうとしていて偉い。

 

毎日毎日が将来のために役立っているわけではないけれど、毎日毎日過ごすごとに確実に将来は近くなる。

それが酷く怖い。生産性のない時間が怖い。

 

ただ、この恐怖心だった結局のところすぐに忘れてしまうのだから、意味はないとも思う。

 

別に正社員になれなかったからといって私の中の何かが覆ってしまうわけではない。

お母さんとお父さんはちょっとうるさいかもだけど。

 

先週の父の日、私は結局父親に何も言わなかった。

これが後々どう影響していくかは分からないけど、私がそこまで父に気を使う必要もないとは思うから。

 

お皿を洗って歯磨きをする。

残りのサンドイッチはラップに包み、保冷剤とともなリュックに放り込んだ。

 

行きたくないと思いつつ、こうして着々と予定時間に向けて準備を進められるところは、多分私の長所だった。

人前に立つのは苦手だがとりあえず強く生きたい。

 

鏡の前に立つ。

強くなるため、とりあえずメイクは少し濃いめにしてやろうと思う。